在宅介護は様々なサービスを利用して負担を減らす事が大切。また介護が必要にならないよう健康管理に気をつけたい。

在宅介護の苦労と老後の健康を考える

健康管理をして在宅介護を受けなくてすむようになる

今まで高齢になって日常生活に不便が出てきた時には、老人ホームなどの施設に入り介護を受ける人が多かったのですが、高齢の人が増えているために施設などになかなか入る事ができない人も増えています。そのため政府の方針として施設に入るのではなく、自分の家で介護が受けられるように訪問介護などの介護サービスを受けられるようにしようという事になりました。これからは在宅介護をする家庭が増えるようになります。

在宅介護をする場合は訪問介護やヘルパーなどの介護サービスを受けるにしても、家族の負担が増えるようになります。介護しやすいように家を改築したり、市販の介護食などを利用して負担を軽くすることが必要になってきます。在宅介護の場合必要な改築はトイレやお風呂、手すりなどの設置です。適切な設備があれば介護もしやすくなります。また介護食なども最近では栄養価に優れ美味しいものが沢山販売されています。

介護が必要にならないように日ごろから健康管理に注意を払っておくこともこれからは大切です。特に脚が弱くなってきたり、骨が弱くなる骨粗しょう症になると寝たきりになる確率が高くなります。そうならないように日ごろから運動して筋肉を鍛えたり骨を強くするためにカルシウムなどを積極的に食べるようにしておくことも大切です。年をとると食が細くなる人も増えるので健康食品やサプリメントなどを利用するのも良い方法です。なるべく介護が必要にならないよう健康に過ごしたいものですが、もしも介護を受けるようになっても色々なサポートを利用して快適に過ごしてゆきたいものです。


Copyright(c) 2017 在宅介護の苦労と老後の健康を考える All Rights Reserved.