在宅介護が必要になった場合の健康的な生活を保つ方法や、様々なサービスの利用方法について紹介していく

在宅介護の苦労と老後の健康を考える

健康を維持するための在宅介護とは

高齢化社会になり、介護というものが誰にでも起こりうるようになり、より身近になってきています。そんな介護にも色々な種類があります。認知症などの進行により一人での生活が容易ではなくなった場合などに利用できるグループホームや特別養護老人施設などに比べ、身の回りのことは誰かの介助があれば出来るような軽度の介護が必要な肩には在宅介護などのサービスの利用がおすすめです。

在宅介護とは、基本的には自立した生活が出来る状態ですが、身体の一部に麻痺などの不自由な部分があるなどによりお風呂や食事に不便が生じている場合に利用できます。その場合、ホームヘルパーの方などがそれぞれのご自宅に出向き、食事を作ったり、掃除をしたり、入浴を介助するサービスを行います。また、買い物に行くときの付き添いなどもあり、引きこもりがちになる生活の気分転換にもなります。

また、在宅介護と同時に利用される方が多いデイサービスなどの介護サービスもあります。週に2回ほど施設で日中を過ごすのですが、その間に入浴サービスや食事の提供、またデイサービスを利用されている方々と一緒に楽しむレクリエーションなどにより周囲とのコミュニケーションを図れるようになっています。また、リハビリの機械や理学療法士などによるマッサージなども受けられる施設もあるので、健康の維持に役立ちます。自宅にいながら介護サービスを受けられるのは、施設に入所するよりもストレスが小さく、認知症などの進行を遅らせる事が出来るので、出来るだけ早めに利用されることをおすすめします。


Copyright(c) 2017 在宅介護の苦労と老後の健康を考える All Rights Reserved.