施設に入るとお金がかかります。在宅介護ですと費用も安いですし、人間関係のトラブルもありませんので健康的です。

在宅介護の苦労と老後の健康を考える

在宅介護で健康を取り戻しましょう。

将来私たちは大病を患ったときにもしかすると介護施設に入らざるを得ないかもしれません。できるだけ誰にも迷惑をかけずにいつまでも自分の健康管理には気をつけたいものです。しかし、いつどこで病気になるかわかりません。今回はそのようなことをふまえ介護について考えてみたいと思います。まず私たちは病気にかかってしまったときには誰かの手をかりなければ生きてはいけません。そのことを介護と私たちは呼びます。そのときに介護施設に入るかそれとも在宅介護にするのかという選択をします。

そういった選択をせまられたとき、私は在宅介護をすすめたいと思います。施設に入ると入院費とは別に費用がかかります。また施設内での人間関係もあります。どうしても自分にとって馬が合わないとそれが原因でストレスになってしまい場合によっては病状が悪化してしまうことにもあるのです。そのようなことをふまえるとやはり在宅介護が良いでしょう。在宅介護は身内で面倒をみます。なのでとてもアットホームな雰囲気で世話をすることができます。また、自分の家にいるという安心感も在宅介護ならではの良いシステムではないでしょうか。病気を患っている患者さんはやはり自分の家にいたほうがきっと精神的に落ち着くはずです。

やはり患者さんにはいつまでも健康でいて欲しいです。なので我々第3者がいろいろとアドバイスをするよりも患者さん本人のためのことを意識しながら考えていかなければならないと私は思います。


Copyright(c) 2017 在宅介護の苦労と老後の健康を考える All Rights Reserved.