施設増加が要介護者増加に追い付かず、老々の在宅介護が現実味を帯びてきたので自律的かつ自立的な健康が第一です。

在宅介護の苦労と老後の健康を考える

自律的かつ自立的な健康が第一の現実味を帯びてきた在宅介護対策

介護保険については2000年に介護保険法が施行され、数年前に制度の見直しが行われて今日を迎えていますが、この間に社会の高齢化が一層進んで介護保険の適用を受ける人が増える割にどこの特養老人ホームには入所待機者があふれていて、介護施設増強の追い付かない状態が続いています。このような状況を受けて民間事業者がいろいろなタイプの有料老人ホームを建設しても必要な人数の職員の配置がままならずに事業開始できない状態の事業所のあることを聞いています。施設の職員が介護現場では自分で身の回りの処理のできなくなったり、認知機能の低下した要介護者にけがを負わせないよう安全に配慮して日常生活を送らせる努力を続けているわけです。しかしながら、ヒヤリハットが起こりやすい職場であり、日夜の区別なく介護する勤務の厳しさによって体力と気力が続かず、また、職員の給与が一般的な民間企業の給与と比較するとかなり低いことも重なって職員の退職が相次ぐ状態だというのです。

数年前に待遇改善策が実施されましたが、介護施設の職員応募に求職者が十分に来る状態には程遠い状態だそうです。この状態を改善するには国の補助を引き上げるか、患者負担を大幅に増やす手段を取らねばならず、事態は簡単に改善されるとは思えません。今後とも要介護者数の増加が予測されているので、家族など身内の者が介護福祉士と看護師及び職員の支援を受けながらますます在宅介護で、それも老老介護で世話せざるを得ない時代が近づいていると思います。従って、健常者としては日常生活で体力と精神力の低下を起こさぬよう健康維持に努めて、自律的かつ自立的な行動を1日でも長く続けて機能低下することを防ぐべきでしょう。


Copyright(c) 2017 在宅介護の苦労と老後の健康を考える All Rights Reserved.