在宅介護で介護するならば介護する自分自身の健康状態を考えて行動しないと倒れる可能性があるということ

在宅介護の苦労と老後の健康を考える

在宅介護するなら自身の健康を考えて行動しよう

高齢者社会では多くの高齢者が自分自身の生活行動がままならなくなってしまっているので誰かが介護する必要があります。その介護をする場合はどこかの施設に入所してそこの職員に面倒を見てもらう場合と自宅で家族などが面倒を見る在宅介護の2つに大別されます。その2つの面倒を見る方法では前者の施設入所に関しては自分自身は面倒を24時間体制でやらなくてよく、週に1-2度程度の訪問で済むために健康状態を悪化させる必要はありません。ただし施設の入所が民間の有料入居施設で半永久的に入所させる場合は1か月に20-30万円程度の実に高額な費用がかかるので、その入所費用をねん出するのに金銭面で苦労と苦悩によるストレスの可能性はあります。またそれ以外の施設入所で保険適用で入所するにしても在宅の場合に比べて費用が要るのは間違いありません。

対して在宅介護の場合は自宅で家族の誰かが面倒を見るので施設に入所させるよりかは費用が格段に安くて済むという利点があります。しかしながらそれは24時間体制での面倒を見ないとならないために夜中に何度も起こされて面倒を見るなど睡眠不足が常態化してみたりなどストレスを抱えやすくなるデメリットがあります。さらに要介護5クラスになって面倒を見られる側の人間が何度も徘徊をしてみたり罵声をあげてみたりなどが常態化していると健康状態がさらに悪化して面倒を見る側が先に倒れたりなど不幸の結末にすらなりかねません。だから在宅介護で面倒を見るならば何もかもを抱え込まないで倒れない程度の範囲でお世話をしないとならないのです。


Copyright(c) 2017 在宅介護の苦労と老後の健康を考える All Rights Reserved.